ハロウィンで簡単にできるゾンビメイクのやり方。生傷をリアルに再現

 海外では、ゾンビメイクとかすごくリアルなものが流行ってるけど日本でそこまでする人はまだ限られてるみたい。
やり方をいくつかまとめてみた。

スポンサードリンク

 

ゾンビメイクの基本、生傷メイクのやり方

 最近のハロウィンの仮装では、ゾンビの仮装が人気が高いですね。海外ではすごくリアルなゾンビが街中を闊歩したりするみたいです。

 そんなゾンビの仮装に必要なのが、血のりや生傷メイク。手のひらや顔なんかに施すことで、すごくゾンビの雰囲気が出せます。

ガイコツメイクについてはこちらを参照

 でも、特殊メイクって大変じゃないかって思うけど、ちょっとやってみたいって思いませんか?実は、身近な文具で、生傷メイクって出来るんです。

身近な文具って

・水性マーカー: 赤、ピンク、オレンジ、茶、黄土色、黒
・水のり

これだけです。マーカーで色付け、よりリアルな生傷にするための秘密のアイテムとして水のりをつかうんです。

やり方
1.生傷メイクをしたいところに水性マーカーで着色していきます。
 傷の深いところに濃く塗って、周りの浅い傷の部分を薄い色で塗って
 グラデーションを作っていきます。

2.グラデーション部分を綿棒や筆などに少量の水をつけて
 全体にぼかしていきます。

3.水性マーカーで塗った部分とその周囲に水のりをつけます。

 水のりを使うのは、滴る血のテカリを表現するためと、
 ズルっと向けた皮を表現するのに使います。
 だから、赤い血だまりの部分は平らになるように、
 めくれた皮を表現したい部分には気持ち多目に水のりを
 塗ることで、リアルな生傷を作れます。

 水のりを塗ったら、しばらく乾します。

4.半乾きになったのりを爪楊枝や綿棒でこすって
 めくれた皮を作りこみます。

 最後に色と形を整えてやると完成です。

身近な文具で作る生傷メイク

生傷メイクは、糊の部分を引っ張って剥がして、石鹸で洗い落としましょう。

ミラクルペイントはハロウィンでも大活躍

ちょっとお金がかかりますが、ミラクルペイントという
ゴムの成分でできた肌にやさしい絵の具があります。
元々はハガレックスという名前で売られていたのですが
ミラクルペイントという名前で展開されています。

ミラクルペイントについては、こちらでも紹介

最後に剥がすのに、水もいらなくて、
乾いたら服にもつかない優れものなんです。

うまく使うと
リアルな血糊なんかも作ることができます。

そんなミラクルペイントに、ハロウィン用のセットがありました。

簡単にハロウィンのゾンビメイクができるゾンビタトゥシール

 自分で絵を描いたり、うまくメイクする自信がないって場合は便利なゾンビタトゥシールを使うという方法もあります。これなら、肌にシールを貼るだけなので手間もかからず、リアルな傷を表現できます。

スポンサードリンク

 

ゾンビタトゥシール

まとめ

ハロウィンで人気のゾンビの仮装をするのに、
生傷メイクをする方法を3つ紹介しました。
自分にあった方法で、ハロウィンを楽しんで下さい。

ハロウィン関係記事のまとめへ戻る

スポンサードリンク