サンシェードの車用で吸盤なしの優れもの。吸盤不要の効果は?

kyuban

車用のサンシェードって吸盤でフロントガラスに貼り付けて固定するタイプが多いけど、すぐ外れて落ちちゃうし、吸盤の跡がつくからできれば避けたい。
吸盤なしで使えるサンシェードってないのって調べたら、いい商品がありました。

スポンサードリンク

 

サンシェードの車用で吸盤なしってある?

夏場の暑い中に駐車して、少しでも熱さを避けるため、サンシェードをフロントガラスに設置しますよね。

それが、用事を済ませて帰ってきたら、吸盤外れて落ちちゃってた時のあのガッカリ感!

何とも許しがたいものがありますよね。
そんな思いをしないでいい商品を探してみたら、あるもんですね。

その商品名はスプリングシェードっていいます。
ワイヤで型どって、クルクルってたたんでおくサイドに吸盤で貼り付ける日よけがありますよね。
あれのフロントガラス版です。

色んなメーカーが販売していますが、レビューなどを研究すると、クレトムというメーカーのフロント用遮光スプリングシェードという商品が評判がいいです。

amazonや楽天の通販でも入手可能ですよ。

サンシェード吸盤不要のメリットは?

 スプリングシェードを使う際のメリットについて、説明しましょう。

一番のメリットは、スプリングワイヤがしっかりとシェードを支えてくれること。
隅までちゃんと隙間なくはまってくれるので、遮光効果が通常のサンシェードより効果が高いです。

尚且つ、小さくたたんで収納できるので、フロントドアのポケットに入れておけます。
装着する際も簡単な操作で出来るのでとても重宝します。

普通のサンシェードの様に、駐車した後に後部まで取りに行かなくて済みますし、駐車してすぐに設置も出来ちゃいます。
暑い中、後ろにサンシェードを取りに行かなくて済むって、何気にポイント高いですよね。

おまけで、カバーをハンドルにかぶせることで、ハンドルが熱くなるのも防止できます。

当然ですが、吸盤を使わないので、ガラスに吸盤の跡が付くなんてこともなくなります。

何だかいいことばっかりですね。


スポンサードリンク

 

サンシェード吸盤不要のデメリットは?

使いやすくて効果の高いスプリングシェード、デメリットはないのでしょうか?

あえて書くなら、サイズが通常のサンシェードと較べて大きいので取り扱いに慣れが必要なことがあげられます。

大きいものなので、車内で座ったままの状態で、たたんだり、広げたりするのが注意が必要になることがあります。

展開する時は、スプリングのバネで一気に拡がっちゃいます。
車内が狭い場合は、ぶつかったりすることがあるので小物とか人とかにぶつからないように配慮が必要になります。

後、スプリングの入っていない四隅については、多少自分で伸ばす必要がある時があります。
せっかく設置するのですから、キレイに広げて使いたいですよね。

デメリットと書きましたが、根本的な問題ではなく、まぁ、慣れれば大丈夫って程度のものですね。

まとめ

吸盤を使わないサンシェードとして、スプリングシェードはおススメです。
使い方に多少の慣れが必要ですが、大きな問題にはならず対応可能です。
デザインもダサいということはないですね。

この記事もよく読まれてます。
http://blogge.net/1476.html

スポンサードリンク