リモコンの電源ボタンが反応しなくなった時の3つの対処法

長年使っているテレビのリモコン、
最近電源ボタンの反応が悪くなったなぁって思ってたら
とうとう電源ボタンだけ使えなくなった。

古い機種のテレビだし、交換とか部品もないだろうなぁと思って
自分で修理できないか調べたら、いくつか方法がありました。

リモコン

アルコールで拭いてみる。

使っていたリモコンを細いマイナスドライバーを使って力技で分解。
電源ボタンの所を見てみたら、ボタンはゴムの中央に黒い突起が
あって、それが基板に接触した時に、基板のパターンがショートして
機能するようです。

パターンとボタンの突起をアルコールで拭いてみました。
長年使ってると、ゴムの表面や基板の表面が汚れてきて
接触不良で動かなくなることがあるようです。

これで電源オンオフできるか試してみたけど、私のリモコンでは
効果はありませんでした。程度がひどいってことですね。

スポンサードリンク

 

アルミ箔を貼ってみる

さっきの分解した歳の黒い突起は、ゴムだけどカーボンなどを
混ぜて電気を通しやすいように作ってあるそうです。
このゴムの表面からそのカーボンなどがすり減ってしまうと
電気を通さなくなるので、電気を通すようにしてやれば
いいんです。

簡単な方法はというと、アルミホイルを小さく切って
そのゴムの突起部分に貼り付けてやれば、電気を通すので
リモコンは使えるようになります。

私の場合は、この処置で、みごとにリモコンが復活しました。

最後の手段、リモコンを買う

最近は、メーカーで使われるリモコンの機能を
切り替えて使える汎用リモコンとか、
リモコンの赤外線信号を記録して、
使えるリモコンとかがあります。

上記2つで直らなかった場合は、もう、リモコンを
買ってくるしかないでしょう。

同じリモコンを補修部品として買うと高くつくことが多いので
汎用性のあるリモコンで我慢するっていう選択肢もあります。

まとめ

ちょっとしたことで、使えなくなったリモコンが
また使えるようになったのは、すごく気持ちがいいし
エコに貢献した気分になれます。

もし、リモコンのボタンの反応が悪くなってきたら
掃除するだけでも、復活するかもしれませんよ。

スポンサードリンク

 

コメント

  1. まや より:

    アルミホイールは車のタイヤに取り付ける物です
    アルミホイルとホイールは別物です

    • kumako より:

      まやさん

      おっしゃる通りですね。

      アルミホイルが正しかったです。さっそく修正させていただきます。
      ありがとうございました。

  2. miii より:

    とても役に立ちました
    無事なおりました
    主電源消しちゃうと
    録画ができないので
    すごく困っていました!
    早急に出来て良かったです

  3. テレビのリモコンの電源が入らない時の対処法と節電対策! | ぐぐりますた より:

    […] 置で、みごとにリモコンが復活しました。 引用元-リモコンの電源ボタンが反応しなくなった時の3つの対処法 […]