ブラウニーを焼く時に型がない場合はこんなアイデアで乗り切ろう

バレンタインで、友チョコとしてブラウニーを大量に作ろうと思った。
でも、お菓子を焼く時に使う型が家にない。
そんな時はこの方法が使えます。

スポンサードリンク

 

ブラウニーを焼くのに型がない場合の代用になる方法

通常、お菓子を焼いて作る時は、熱伝導の具合が
出来映えに大きな影響を与えることもあり、
そういう場合は型の素材や形にも気遣いが必要です。

でも、初心者って、お菓子を焼く時の型などを
持っているケースは少ないです。
年に数回の為にわざわざ型を買わなくてはいけないのでしょうか?

そんなことはありません。

ブラウニーは初心者でも失敗が少なく作れるお菓子であり、
焼き上がりに型の影響はそれほどありません。

適当な型を使っても、美味しく作ることができますよ。

型の素材は紙とか、シリコンとか、金属でもよく
しかも、ブラウニーが生焼けの時は追加で焼くことが
できるので、型にこだわる必要がありません。

代用案として、2つを紹介します。

ブラウニー用の型がない場合・天板をそのまま使う

友チョコ用ということで、ブラウニーを大量に作るのであれば
オーブンの天板をそのまま型に使うことができます。

オーブンの天板の上に、ベーキングシートを天板の形に合わせて
敷いて、四隅に切り込みを入れて、敷き詰めます。
beking

スポンサードリンク

 

その上からブラウニーの生地を流し込んで、空気抜きとして
数回ダンダンと落としてやればいいです。

後は、そのまま焼けば、ブラウニーが出来上がりますよ。

ブラウニー用の型がない場合・小さい容器を使う

友チョコ用のブラウニーだけど、
そんなに量はたくさんはいらないって場合は
(余ったのは自分で食べちゃうって話もあるけど 笑)
小さな容器で、熱で燃えなければ、何でも代用として
使えます。

パウンドケーキを作る用の金型とかありますし、
そんな専用のものでなくて、身近にあるものでも
代用できるんですよ。

例えば、牛乳パック。
側面の1つをハサミで切り取って、蓋の部分はたたんで
ホッチキスと止めちゃうだけで、手頃な箱ができちゃいます。

その箱の中に、アルミホイルを敷き詰めて、ベーキングペーパーを
天板と同じように敷き詰めると、立派な型ができあがります。

アルミホイルをしくのは、熱が伝わりやすくするためで、
牛乳パックの場合は最悪なくても、ベーキングペーパーだけでも
焼き上がります。

牛乳パックの他には、クッキーの空き箱(金属製)とか
せんべいが入っていた空き箱(厚紙製)、耐熱製のタッパーとか
何でも使えますよ。

意外かもしれませんが、200度位のオーブンで焼いても、
紙って燃えないんですよ。

まとめ

ブラウニーを焼くのに、お菓子用の型がない場合でも
身近なものや、天板を使って焼くことができます。

焼き上がりが生焼けの場合は、どんな素材の型を使っていても
そのまま追加で焼いてあげればいいんですが、
焼きすぎると、パサパサの風味のないブラウニーに
なっちゃいますので、気をつけて下さいね。

スポンサードリンク