FX自動販売でおすすめなのがインヴァスト証券のトライオートFXである理由

FXの自動売買のシステムは各社が力を入れて開発提供している分野です。
様々な手法が展開されており、色んな実績を出しているので
自分のちからをつけていけば
かなりのことがほったらかしで出来る様になります。

そんな中、FXの取引自体が慣れてない初心者がFXの自動売買を行うとしたら
トライオートFXがおすすめです。

FXの自動売買システムで、なぜインヴァスト証券のトライオートFXを薦めるのかを説明します。

スポンサードリンク

 

FX自動売買で初心者におすすめなのはインヴァスト証券のトライオートFX

トライオートFXというのは、アルゴリズムは大きく2種類使えるシステムです。

この2種類で全てが完結します。

選択肢がたくさんあると初心者なら
どれを選べばいいか悩むことが多いので
失敗しやすいのです。

選択肢が少なく、そのシステムが完成度が高くてしかも融通もきいて
すごく使いやすいシステムなのです。

FX自動売買のアルゴリズム:トライオートFXの場合

さて、そのアルゴリズムの2つとは
レンジ追尾追尾です。

レンジ追尾は、同じくらいの範囲で通貨ペアの価格が
上がったり、下がったりして繰り返しの波になっている時
(それを通常レンジ相場という言い方をします)

その範囲で売りと買いの両方のポジションをとり
利益が発生したポジションを利益確定させて
それを積み上げていくというアルゴリズムになってます。

追尾は、通貨ペアの価格の進行方向が
上がっていくと考えるなら買いを
下がっていくと考えるなら売りを
相場が買い方向か売り方向かを考えて
方向性のある売買を自動で行なっていくものです。

この2つのアルゴリズムは、それぞれ細かく修正できます。

その調整の自由度が他のメーカーより優れていて
普通は出来ない、ポジションを保持中でも変更が可能なんです。

慣れてくると色々な設定をいじれて
運営途中で軌道修正なども簡単にできてしまいます。

スポンサードリンク

 

FX自動販売の初心者にはレンジ追尾がおすすめ

初心者であれば、トライオートFXの運営は
レンジ追尾での運用をおすすめします。

理由は、初心者では相場の方向性を間違える可能性が高く
そうなると、追尾の注文では儲けを出すどころか
大きな損失を抱えてしまう可能性が高いからです。

追尾の場合は、売りか買いかの方向性を
自分で判断する必要があります。

その分利益が上がりやすいのですが
失敗する確率も格段にあがります。

レンジ追尾であれば、売りと買いの
両ポジションで運営するので
必ずどちらかで利益が出ます。

後は、もう片方の損失が最小限になるのを待つという運営になりますね。

トライオートFXを運営してみた実績

トライオートFXでは、最初に過去の実績を
ランキング形式で成績が良かったものを
表示してくれます。

この時に、推奨される資金もはっきり表示されるので
資金不足でロスカットなんて最悪の事態もさけられますね。

ただ、実績がいいからといって
これからも稼ぎ続けられるか?というと
何ら保証はないわけです。

一番いいのは、過去1年分位を表示させてみて
どこかで大きく損に変わるものが出てきます。

それを避けて考えてみました。

その結果、
USD-JPYの通貨ペアで1ヶ月
標準で設定して、何もしないで完全のほったらかしで
様子を見ていました。

一ヶ月の実践結果(USD-JPY)


 
 
狙い目通り、レンジの幅で値が上下してくれて
完全ほったらかしなのに
自動で決済されて10万円以上の稼ぎを出してくれています。

両立てで運営しているので、決済されていないポジションが
まだマイナスで残っています。

設定したレンジから、外れて値が変動して
現在マイナスが大きくなっています。

ここから、また同じレンジに戻ってくるのか?
ここからトレンドが発生してマイナスが大きく膨らんでいくのか?

今のところ、見込みとしては一旦下がって、また上がってくる
と予想しているので(予想は外れることもよくある)

外れたレンジでちょこちょことポジションを追加して
さらに稼ぎを積み上げていく方法をとってこの場を
しのいでいきます。

スポンサードリンク