年賀状に一言メッセージを添えないと失礼?出す相手別の例文紹介

oge

年賀状も最近は、パソコンやスマホなどで、原案を作って、プリンターで印刷、写真屋さんに印刷を依頼などして作ること自体は簡単で時間がかからなくなってますね。
でも、それゆえに、せめて手書きで一言添えて書かないと相手に失礼な気がしてしょうがありません。
あなたはどんな、一言を書き添えますか?

スポンサードリンク

 


6

年賀状の一言、友達に出す場合の考え方と例文

年賀状を出すのって、基本付き合いのある友達で、
最近は会ってないような人に、元気でやってることを
伝えるケースが多いのではないですか?

そんな友達に出す年賀状の考え方ですが、
友達なんだし、軽いノリでもいいじゃないですか。

例文

[note]・簡単な近況を書く
 「社会人になり早○年。いちおう転職もしないであいかわらずやってますよー」 
 「会社生活○年になります。仕事は忙しいですが、なんとかやってるよ」
[/note] [note]・元気でやってることを伝える
 「私は元気にやってるよ。○○さん、お元気かい?お互い、いい年が過ごせるといいね。」
 「病気もせず、相変わらずでやってる。そっちは元気かい?」[/note]

あと「会えたらいいですね」って書きがちですが、見方によっては
イマイチうそっぽい感じがするし、社交辞令的な気もします。
(まぁ、社交辞令なんですけどね)
なので、あえてここは「久しぶりに会いたいですね」と書いてみては?

年賀状の一言、仕事関係に出す場合の考え方と例文

仕事関係だと、誰に出すかで、対応が少し変わってきますよね。

スポンサードリンク

 

[note]・上司に出す
基本は、
「本年も変わらぬご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。」
という挨拶になりますが、理想を言えば,
翌年の仕事について、心意気を書くのがいいでしょう。
「来年は、○○について、より成果をあげるように頑張ります」
「今年は、○○で飛躍できよう頑張りたいと思います。」
「最近は○○に取り組んでおり、特に△△に興味を持っています」
[/note] [note]・同僚に出す
基本は上司と同じですが、可能であれば
同僚が旧年中に活躍したこと,頑張っていたことに触れて
短く一言書き添えられればいいですね。
「○○ってAさんだから、あれだけの成果が出たんですよね。見習いたいです」
「○○がうまくいったのは、あなたのおかげです。」
「Aさんはお忙しい毎日だと思いますから、くれぐれもご自愛下さい」
[/note]

年賀状の一言、親戚関係に出す場合の考え方と例文

親戚関係は、付き合いの深さから、添える一言も変わって来ます。
付き合いが深い場合は、こちらの近況を
伝えたりするのもいいですね。

まぁ、付き合いが深いから、そんなに書かなくても大丈夫という場合は
無難な一言だけでもいい気がします。

[note]無難な例文
「ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしでしょうか」
「ご家族のご健康を心からお祈り申し上げます。」
「ご無沙汰しておりますが、ご一家の皆様におかれましてはお障りもなく佳き年を迎えられたことと存じます。」
[/note]

付き合いがそれ程でもない場合は、貰った方も
名前を見て、あぁ、生きてるんだなぁ位に思ってもらえればいいので
いっそ、一言を書かなくてもいいんじゃないか、何て思ってしまいます。

あえて書くなら、
「皆様のご健勝とご多幸をお祈りいたします。」
「皆様のご健勝とご繁栄をお祈り申し上げます。」
「ご家族のご健康を心からお祈り申し上げます。」

という感じですね。

まとめ

年賀状は、最近印刷されているものが主流で、手書きのものって
ほとんど見かけなくなりました。せめて一言、手書きの暖かさを
添えて新年の挨拶としてはいかがですか?

スポンサードリンク