バレンタインの本命チョコに市販はNG!?男の本音教えます

日本ではバレンタインに女性から
好きな人にチョコを送る
というのが一般的ですよね。

本命チョコを渡す場合は愛情込めて作る
という方もいらっしゃるでしょうが
現実問題仕事でなかなか時間が
取れず手作りは難しい・・・

なんてことがよくあると思います!

そもそも片思いか恋人という立場の違いも
関係してくるかもしれません。

では、受け取る側の男性!

彼らはやはり手作りがうれしい?
それとも市販もOK?

彼らの本音に迫ります!

スポンサードリンク

 

バレンタインの本命チョコの値段相場とは?

最近はバレンタインシーズンになると
百貨店や大型スーパー、コンビニなどでも

バレンタインコーナーがあり
ブランドチョコも数多く展開されています。

実際に売り場に足を運ぶと
自分もほしくなるほど可愛いデザインや
普段は食べることも少ない高級チョコも
沢山並べられており、テンションが上がります♪

さて、市販の本命チョコ。

義理チョコとの差別化をはかるためにも

2,000円~3,000円が相場のようです。

前記した通り、立場の違いによっても
金額が前後するかと思います。

片思いの場合は高額すぎる物は
重たくとられるという可能性もあるので
少し控えめが良いかもしれませんね!

その人との関係性にもよりますが
手作りよりも市販のチョコの方が
受け取りやすい
と思う方も・・・。

金額も高級すぎるとお返しで
悩ませてしまったりするかもしれません。

スポンサードリンク

 

もらって嬉しいバレンタインの本命チョコのおすすめはコレだ!

市販でいえば、おいしくて高級感があり
特別感のあるゴディバはブランド音痴の
彼でもわかる王道セレクトですね!

他にもロイズやモロゾフなど

様々なブランドが
毎年デザインや限定品を
出したりしています。

バレンタインカタログなど
あるところは参考にしてみると
いかもしれません♪

もちろん料理が得意な方は
得意さをアピールできるので
ぜひ手作りしていただきたいです♡

筆者は料理が得意ではないので

プロの作った美味しいチョコを
ずチョイスします!笑

ついでに自分にもです!笑

肝心な男性意見としては
恋人ではない方からもらう場合

市販品のほうがお返しもしやすく
受け取りやすいようです。

恋人関係では、手作りでも市販でも
大好きな彼女からもらえたら
それだけでうれしい♡や

普段は食べない高級チョコを
食べられるチャンスなので・・・

という意見も!

まとめ

手作り、市販どちらも
それぞれの良さがあります。

でも結局は気持ちの問題かと思います。
気持ちを伝えるうえで

言葉や手紙を添えると「本命」が
伝わりやすくなります!

もらう男性も

「チョコをもらえた」ことがうれしい
「気持ち」がうれしい

という意見が多いです。

渡す側も相手が喜んでくれることが
うれしいのですから♡

スポンサードリンク