ブログは1日にしてならず

日々の出来事の中で役に立ちそうなことを記録する

困ったお隣さんがいる。防犯カメラと監視カメラのどっちを設置した方がいい?

   

隣人問題は、深刻な問題に発展しかねないものですが、警察は民事不介入といって
まともに相手してくれません。防衛手段と、トラブルの証拠記録として、
防犯カメラか監視カメラをつけたいと思ってるけど、どっちがいいのでしょう?

kansi

防犯カメラと監視カメラの違いとは

使われるカメラなどの機材は基本的に同じになります。
名前の違いは、主に、どういう目的でカメラを設置するかによって
呼び名が変わってくるということです。

防犯カメラは、主に録画することが目的で、何かトラブルがあった時に、後からチェックするのに使われます。

一方の、監視カメラはその名の通り、リアルタイムで監視することが目的で設置します。監視中に人がチェックすることも多いです。

ただ、厳密に区分けすることは出来ず、防犯の目的と、監視の目的両方を行うこともあります。

例えば、コンビニなんかで設置した防犯カメラなどは、強盗や万引きの防犯対策として設置されていますが、
実は、店員やアルバイトが勝手に商品を持ち出したり、お金をごまかしたりしないかを監視する目的にも使われているそうです。

隣人問題に防犯カメラを設置するケース

隣の人が、勝手に家に侵入してきて悪さをするケースなどで、証拠として記録を撮るために設置します。
使い方は、防犯カメラは固定したポイントを連続して撮影し、記録しますが、
場合によっては、モーションディテクト機能といって、
画面に動きがあったシーンだけを録画しておくものもあります。

スポンサードリンク

 

カメラで映像を録画していますよってアピールすることで、
カメラの存在そのものが防犯抑止力となりえますので、
目立つ場所に設置する方がいいかもしれません。

まぁ、防犯カメラを設置しても、カメラの死角を把握して、そこから侵入してくるなどという
悪質な人もいるらしいので、過信は禁物ですが。

隣人問題に監視カメラを設置するケース

これ程の対策が必要な場合とは、相当にこじれてることが予想されますね。
注意点として、カメラが撮影するのは、あくまで、自分の家の敷地内を撮影するだけにして
隣の家の映像が入らないようにしておく必要があります。
敷地外の人間が撮影の対象となってしまう場合には,隣家の承諾を得ないといけないので
揉めないように対策する必要があるでしょう。

監視カメラのとしては、特定の人物をトレースしたりすることもありえる
ので、パン・チルト・ズームなどの機能があるものを選択します。
設置場所は、威圧感を与えすぎるとそれはそれで隣人から文句の付け所になるので、
カメラ自体ドームカバーがかかっていて、どちらを向いて誰を見張っているのか、
わからないようなタイプが望ましいでしょう。

まとめ

隣人問題で、防犯カメラ等を設置するケースでは、
その行為自体がもめる原因にもなったりしますが
自衛上の必要な処置だと考えるなら、相手に
威圧を与えるタイプか、わからないようにするタイプかは
よく考えて対応しましょう。

スポンサードリンク

 

 - 防犯 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

kansi
防犯カメラは誰の為?アルバイト監視が目的なの?やめさせられないの?

スポンサードリンク   コンビニでは万引き防止、強盗時の記録、 を目的に防犯カメ …

daam
架空請求を無視してはいけないって本当?嘘でもお金とられます

スポンサードリンク    自分では何もしていないのに、勝手に送られてくる迷惑メー …

コールセンター
迷惑な勧誘電話はなぜ掛かってくるの?情報の出処は?ひょっとして名簿屋?

家の固定電話にかかってくる、様々な勧誘セールス電話。 電話に出た瞬間にイラッとす …